転職も候補の一つに

 

覚えておいていただきたいのは、保育士も看護師も、転職しやすい職業だと言うことです。
それは、国家資格というとても強い資格があるからです。国家資格を取得するために要した努力や苦労は、職場を辞めても失われることはありません。
保育士や看護師は離職率が非常に高い職業ですが、それは転職率が高いということでもあるのです。つまり、仕事選びに失敗したのではなく、職場選びに失敗したから辞めてしまった、別のところに移動したという人が多いのです。

求人内容によって、またその職場によって働きやすさはまったく違います。仕事の内容だけでなく、人間関係も働き続けるためには重要なポイントです。
一つの職場に合わなかったからといって、その職業が自分に合わなかったとは考えないでください。保育士も看護師も、求人情報は数多くあり、とても探しやすい仕事です。次を探して、今度こそ自分に合う職場に巡り会うことができれば、そこでずっと働き続けることができるかも知れません。

しかし、次があるから、次があるから、とそれぞれの求人応募を軽く考えるのはお勧めできません。どうしてもそのうちに、諦めが根強くなってしまったり、期待を持てなくなってしまうかも知れません。
一回一回を大事にしながらも、それだけがすべてではないことを頭に入れておく。これが、保育士や看護師の仕事を、憧れを捨てずに続けられる秘訣だと思います。